Top

ちくちくとふわふわ(バイリンガル絵本)

* 商品名 *

ちくちくとふわふわ


* 著者情報 *

なないろ(絵と文)/ 松本えつを(監修)


* 本の内容紹介 *

ご存知ですか? ふわふわ言葉・ちくちく言葉。

誰かを(自分を)HAPPYにする「ふわふわ言葉」。
誰かを(自分を)UNHAPPYにしてしまう「ちくちく言葉」。

それらは、最近では小学校の道徳の教科書に載っていたりします。
もっと小さいうちから、そんな言葉のチカラを理解して
言葉を選ぶチカラを身につけられたらと願って
『ちくちくとふわふわ』をつくりました。

「ふわふわ FLUFFY(フラッフィー)」は、花マルをもらったときのような気もち。
「ちくちく SPIKY(スパイキー)」は、何かをぐちゃぐちゃにしてしまいたい気もち。

そんな気もちから生まれた「気もちをあらわすキャラクター」です。

今、あなたの周りには、どちらがいると思いますか?
おとなりの人の周りには、どちらがいるように見えますか?

FLUFFYもSPIKYも なかまをあつめるのが大すきです。
あなたは、どちらをあつめたいですか? 

「ふわふわ言葉」「ちくちく言葉」に、これから出会っていくあなたへ、この絵本を贈ります。

* 「ふわふわ言葉」「ちくちく言葉」は多くの小学校の道徳の授業で扱われています。


* CHICORA BOOKS 編集部からのコメント *

「ふわふわ FLUFFY」と「ちくちく SPIKY」は、著者がお料理教室の先生から聞いた「ふわふわ言葉」と「ちくちく言葉」のお話をきっかけに誕生しました。

この絵本を通して、子どもたちが小さいうちから「ふわふわ FLUFFY」と「ちくちく SPIKY」に親しみ、選ぶ言葉次第で周りの空気を変えられるということを自然と理解し、「自分で言葉を選ぶチカラ」を身につけられたら……と願っています。

《 この絵本が持つ、3つの魔法の力 》

1. 「ふわふわ言葉」「ちくちく言葉」の意味が、ちびっこでもよくわかる
2. 言葉が持つ力・言葉が及ぼす影響を知ることができる
3. 相手の気持ちを考え、思いやりのある言葉を選んで使えるようになる

95%のママ&パパが「子どもに読ませたい or 読んであげたい」と回答!
(20代~40代のママ・パパに向けたモニターアンケート結果/2018年実施)

※ 3~9歳向けの絵本です。


* 著者紹介 *

なないろ

千葉県浦安市在住。
国籍ミックスのふたりの子の母。

幼少期を海外で過ごした子どもたちに日本語、季節の行事や文化の違いなどを教えるため、しばしば絵本のチカラを借りる。
本作は、思ったことをストレートに口に出しすぎる長男と負けん気の強い長女との争いに頭を悩ませる日々から生まれた。

同じ絵本の原作(英語)と日本語訳の2冊を買い求めた経験から本作は、両方を一冊にまとめたバイリンガル絵本に。

ウーマンクリエイターズバンク所属。


* 登録情報 *

商品名: ちくちくとふわふわ
著者: なないろ(絵と文)/ 松本えつを(監修)
単行本: ハードカバー/32ページ/本文サイズ200×200mm
出版社: CHICORA BOOKS(ちこらブックス) (2019/02/07)
言語: 日本語/英語(併記)


* この商品はAmazonでもご購入いただけます。

販売価格 1,800円(税込1,980円)
型番 ISBN978-4864879859